豆知識・お役立ち情報

クリエイター・プログラマーを目指している人のためのメディアくりぷろメディア-クリエイター・プログラマーを目指している人のためのメディア

2021.10.19更新

【CSSテクニック】object-fit:coverとbackground-size:coverの違い

【CSSテクニック】object-fit:coverとbackground-size:coverの違い

object-fitもbackground-sizeも、あるコンテナ(ボックス)の中に画像をどのようにはめ込むか?を指定するプロパティです。
どちらも同じようなことができるのですが、今回はcoverを取り上げて違いを確認したいと思います。

background-sizeで指定する

background-sizeで指定する場合は、画像をbackground-imageで指定しておく必要があります。
例えば、以下のようなdivのボックスを作成するとします。

そしてこのボックスのサイズを幅と高さを共に300pxと決めます。
分かりやすくオレンジ色のボーダーをつけて領域を明確にしましょう。
さらに、背景画像を指定します。
この画像は幅と高さが300pxよりはるかに大きい画像です。

すると、画像が大きすぎるため、左上の一部しか見えない状態となり、空の青色しか見えません。

そこで、background-size:cover;を指定します。

すると、ボックスの幅と高さを覆うようなサイズに調整されます。縦横比は固定したままボックスをカバーするような形で拡大、縮小されます。
幅や高さのどちらも覆われるように調整されますので、幅や高さがボックスからはみ出る場合は、その部分はトリミングされます。
例えば横長の画像を正方形のボックスに入れる場合は、横がはみ出ますのでその分はトリミングされます。

object-fitで指定する

同様の指定をobject-fitで行うことが可能です。
object-fitの場合は背景画像ではなく、img要素のサイズを指定することになります。

HTMLファイルを編集してimg要素を使って画像を挿入します。

では、画像の表示をCSSで整えてきます。
画像を囲んでいるdiv要素の大きさを幅300px、高さ300pxに指定し、わかりやすいようにボーダーを表示します。

そして画像の表示を整えます。今回の画像はとても大きなサイズの画像を使っていますので、ひとまず、幅100%、高さ100%と指定して、divの大きさと同じ大きさになるように縮小します。
また、画像の下に余白が表示されないように、vertical-align:bottomを追加します。

※この指定がないと下に空白が出てしまうのは、vertival-align:baselineが標準だからです。そのままだと少し下に余白が出てしまいますので、img要素には通常、vertical-align:bottomを指定します。

今の状態だときちんとdiv要素いっぱいに画像が表示されますが、widthもheightも100%と指定しているので、縦横比が関係なく引き伸ばされている状態になります。

これをobject-fit:coverを指定することで、親要素の大きさをカバーする大きさに調整されます。
もちろん、縦横比は保ったまま調整
されます。

background-sizeとobject-fitの使い分け

さて、background-size:coverもobject-fit:coverも同様の表現を行うことができます。

違いは、background-sizeは背景画像に対しての指定になる、object-fitはimg要素に対する指定になる、ということです。

画像を背景として表示させるのか、img要素を使って表示されるのかは、HTMLで構造化するときに問題になります。どちらかのプロパティしか知らない場合は、「本当はこれはimg要素を使って表示させたいけれど、coverができないから背景にするしかないなぁ」といったように、構造化を無視してcoverさせたりするかもしれません。

どちらのプロパティも使いこなせるようにしておきましょう。

object-fitを使う際の注意点

さて、とても便利なobject-fitですが、一つ注意点があります。

実は、img要素にwidthとheightの指定がされていないと、効きません
なので、必ずimg要素に幅と高さの指定を行ってから、object-fitを指定しましょう!