Web制作を学ぶ

クリエイター・プログラマーを目指している人のためのメディアくりぷろメディア-クリエイター・プログラマーを目指している人のためのメディア

2021.10.19更新

【実践編】Illustratorの基本操作を使ってショップカードを作成しよう!

【実践編】Illustratorの基本操作を使ってショップカードを作成しよう!

簡単な操作をマスターするために、Illustratorを使って架空のCAFEショップSHIRONOのショップカードを作りましょう。

まずこのカードを作成するにあたり、Illustratorの機能としては主に以下のものを使っています。使用したことのないものがあったら、あらかじめ機能について練習しておくと、スムーズに作業を進めることができるでしょう。

図形の描画 ガイドの作成 文字ツール 文字設定 段落設定 ワープ 線の描画 線の設定 整列 パスファインダ トリムマークの作成

STEP1 トリムマークとガイドを作成する

A4サイズのアートボードを新規で用意します。これはショップカードの大きさより大きめのサイズであればA4でなくてもOKです。
今回作成するショップカードはWeb素材で使用するものではなく、印刷してお客様に配布することを想定して作ります。
なので、新規作成のプリセットは印刷を選択し、カラーモードがCMYK、ラスタライズ効果が300になっていることを確認してください。

作成したら、アートボード中央にショップカードを作るための準備を行います。
今回のショップカードの完成サイズは100mm×100mmです。同じサイズの四角形を作成しましょう。長方形ツールを選択して、アートボードの任意の場所をクリックし、サイズを指定します。
長方形が作成出来たら、アートボードの中央に配置します。整列パネルなどを使うとよいでしょう。

長方形を使ってトリムマークを作成します。
トリムマークを作成する前に、長方形の線はなしに、塗りつぶしは任意の色で塗りつぶします
長方形を選択して、オブジェクトメニューからトリムマーク作成を実行します。


さらに、その長方形を使ってガイドを作成します。Ctrl+5、もしくは表示メニューからガイド、ガイドを作成を押して、ガイドを作成しましょう。

トリムマークもガイドもロックされていますか?選択ツールで動かすことができるようであればロックされていません。
ガイドとトリムマークを選択し、Ctrl+2でロックをしておきましょう。

STEP2 長方形ツールを使って、上下の線を作成する

カードの上と下にある、横長の長方形を作りましょう。
長方形ツールでまず上の部分に横長の長方形を作成します。色を茶色っぽいものを選択します。
高さは任意の高さでOKですが、完成サイズまでではなく、トリムマークまでサイズを伸ばしておきます。

上の長方形をコピーして下部に配置します。

STEP3 コーヒーカップを描く

楕円形ツールを使ってコーヒーカップを描きます。まずカップの本体部分を描きます。適当な大きさの円を描きましょう。
円を描いたら、少し縦長に伸ばします。ダイレクト選択ツールで中央下部のパスを選択して下に伸ばしましょう

円の上部は少しへこませます。上部中央のパスをダイレクト選択ツールで選択して、下へ移動させます。

線はなし、塗りつぶしはSTEP2で描いた長方形と同じ色にしておきましょう。

次に取っ手を描きます。
取っ手は楕円形選択ツールで作成します。取っ手の大きさになるように円を描きましょう
円の色もカップと同じ色にしておきます。取っ手の位置になるように、カップと重ねて配置します。

カップの受け皿部分、ソーサーを作成します。
ソーサーも楕円形選択ツールで作成します。高さを低めに、幅が広い円を描き、色もカップと同じ色にして、配置を調整します。

描いたカップ、取っ手、ソーサーを一つの画像として合体します。パスファインダーを使って合体しましょう。

STEP4 文字を書く

「厳選した挽きたて珈琲をお楽しみください」の文字を書きます。
文字ツールで適当な範囲をドラッグして、中に文字を入力します。
「厳選した挽きたて珈琲を」の後でエンターして改行しておきましょう。

文字を入力したら、フォントを選択します。任意のものを選択しましょう。

ロゴになる「SHIRONO」の文字を書きます。完成例は丸みを帯びえた配置になっていますが、それは後ほど設定を行いますので、まずは直線上に配置します。
太めのフォントを選択して、文字の大きさを整えましょう。

お店の情報を書きます。それぞれ文字ツールで書きましょう。

STEP5 文字間を合わせる

STEP4で書いた文字ですが、そのままでは文字と文字の間が合っていないように見える場合があります。その際は、文字間を調整する必要があります。

文字間を合わせたい部分にカーソルを移動させて、Altキーと左右の矢印キーを使い、文字間の調整をしましょう。

文字間を合わせた後、少しゆったりとした雰囲気を出したいので、文字全体の幅を広げます。
文字全体を選択してから、Altキーと矢印キーで全体の文字間を調整しましょう。

STEP6 文字の縦位置を調整する

Open,Closeの時間の「:」や、住所や電話番号の「-」は、他の文字に比べて中央より下に配置されているように見える場合があります。
ベースラインを調整することで、位置を変更することが可能です。
文字パネルの「ベースラインシフト」で調整を行うことができます。文字の中央に配置されるように、調整を行いましょう。

STEP7 「SHIRONO」の文字を曲げる

ロゴの「SHIRONO」の文字を少し丸く配置します。
パス上文字ツールを使う手法もありますが、今回はワープを使いました。
文字を選択して、オブジェクトメニューから「エンベロープ」「ワープを作成」を選択し、円弧を使ってカーブさせます

STEP8 点線を描く

店舗情報の上下に点線を描きます。
直線ツールで任意の長さの線を描き、線の設定で点線にしましょう。
線の太さは細めに、破線にチェックを入れて、調整します。
丸い点線を描きたい場合は、線分を0で設定します。間隔は任意の間隔で調整しましょう。
また線端は丸形線端にすることで、丸い点線になります。

あとはサイズや配置を調整すれば完成です。

いかがでしたでしょうか?作成できましたか
完成例と全く同じでなくてもOKです。あなたらしさのあるショップカードを作成していただければ嬉しいです!

限られた機能しか使っていませんが、一枚のショップカードを作成することは可能です。
何度も繰り返し作成して、機能をマスターしていきましょう!